良い人がいたら助けてください

自分の気持ちをブログ名にしましたが、どうしたら自分が満ち足りた気持ちで生きていけるようになるのかを明記し、このような方に助けてほしいという具体的な希望も挙げております。不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。ブログ名のとおり一度読んでしまえば後味のいいものではないのですが、私としては、そこは気にして過ごしてくださったり「読んだから何かしなきゃ」と思って頂いたりする必要はありません。ご安心くださいね。ネットを楽しまれているところ急にリアルな重い話が目に入ってしまうので、びっくりさせてしまうかもしれません。

5.ブログのリンクを協力してくださる方へ

このブログですが、はじめの、タイトルに「1.」と入っている記事から順番に読みすすめていただくことで、内容を把握していただけるものになっています。
リンクは貼らず恐縮ですが、「1.このブログにつきまして」というタイトルのブログ記事からお目をお通しください。



このブログを見て、「このブログを広めてやりたい」と思ってくださった、アクセス数の多いブログを持っている人がもしもいてくださったら、お願いをしてみるべきなのか、それとも内容が内容なので、自分の手で少しでも削除しやすくしておくために、ひっそりと誰かに見つけてもらうのを待つべきなのかと、考えてみました。

私だけの力では、たくさんの人に気がついてもらうことはできません。
やっとここまで行動できたんだから、勇気を出さなくちゃと思いました。

どなたか、このブログへのリンクを、ご自身のブログに貼ってくださるという方は、いらっしゃいませんでしょうか。
でも、恐縮なお願いがあります。
私がブログを消したときに、それですべてネット上から消えるようにしておきたいため、
・念のため、リンク先についての紹介文は最低限のみ
・同じく念のため、リンク記事にコメント欄を設けない(記事ごとに個別の設定がもしできるなら、でOKです)
・そのうえで、リンク先の私のブログを消すことになったときに、リンク記事を、ご紹介の文章ごと消していただく必要があります(なので削除の依頼やしていただく作業が複雑にならないように、できるだけシンプルにリンクを貼っていただきたいんです)(お礼のご挨拶回りをいたします)
…などの、ご面倒なお願いをする必要があります。

もしそれでもいいという方がいらして、「やってみようよ!」と言っていただけるのであれば、
リンクを行う前に私のメールアドレスへご連絡をいただき、私とその件についてのお話のやり取りをしてやってください。




【加筆】その後ブログのことを勉強していくなかで、ツイッターフェイスブックなどでシェアをする機能や、はてなブログでは、はてブというものがあることを知っていきました。拡散ではなく閲覧数だけを増やしたい自分はそれらでのシェアは避けたいと思っているのですが、それらのソーシャルパーツを記事ごとの個別にありにするかなしにするかは、設定することはできないようでした。そこでこのお願いをするには、プロフィールのページ上などでお願いをしなければならず、また、アクセスが多少なりとも流出するという形でご迷惑をおかけしてしまうことにも気がつき、どんどんお話が複雑になってきてしまい、難しく感じました。

自分でも努力をしてみますが、「何か方法がないか、探してみましょう」とお声をかけてくださる方がいらしたら、お願いします。